英語サイト:AVENからの和訳

AVEN
http://www.asexuality.org/
から、それぞれ見出し
・About AVEN (http://www.asexuality.org/home/about.html)
・About Asexuality > Overview (http://www.asexuality.org/home/overview.html)
・同上 > General FAQ > Definition (http://www.asexuality.org/home/general.html#def)
の項目を和訳しました。
訳は素人によるもので、誤りを含みます。原文を参照してください。

また、About AVENの説明部分は(原文もそれほど長くないのですが)短くまとめてしまいました。
概説以降は要約ではなく一文ずつ訳したつもりです。


The Asexual Visibility and Education Network (AVEN)
アセクシャル認知教育ネットワーク

2001年に設立されたオンラインネットワーク。アセクシャルの大衆への浸透や議論を行うこと、アセクシャルコミュニティの発展促進を目的とする。世界最大のアセクシャルコミュニティ。

世界中のAVENメンバーにより定期的に活動が行われ、認知度向上のプロジェクトやワークショップ、地域の会合からメディアへの露出まで多岐にわたっている。
web上のフォーラムを中心に展開し、アセクシャルやクエスチョニング、またはそのパートナーや友人、家族といった人々に、彼らの体験について語る場所を提供し、研究者やメディアへの情報源にもなっている。


概説(Overview)
アセクシャルとは、性的に人を好きになること(sexual attraction/性的魅力)を体験しない人を言う。自らそれを選択するセリバシーとは違い、アセクシャルはその人の本来的な性質である。当事者にとって、アセクシャルはその生き方に悪くも良くも影響を与えるものではなく、ただ性愛者とは異なる局面に遭遇するというだけのものである。アセクシャルのコミュニティは相当な数にのぼっており、それぞれのアセクシャルがそれぞれちょっとずつ違うやり方で、恋愛や性的魅力、性的興奮などを体験している。またアセクシャルは科学的な研究テーマとして近年扱われ始めている。

人間関係、恋愛(Relationships)
アセクシャルの人も他の全ての人と同じように感情的な繋がりを求めており、そして性愛者と同じように、どのようにそれを満たすかも多岐にわたる。一人でいるのが最も幸せな人もいれば、親しい友人のグループにいるのが最も幸せな人もいる。一方で、より親密な恋愛関係の形を望み、パートナーとデートをして長期的な付き合いを模索する人もいる。ちょうど我々と同じように、アセクシャルの人が性愛者とデートをすることもあるのだ。

性愛者でも非/無性愛者でも、全ての人間関係における基礎は同じである。コミュニケーション、親密さ、楽しさ、ユーモア、興奮、信頼は、性愛者に起こるのと同じように、すべて非/無性愛者との間にも起こる。性愛者とは違うのは、アセクシャルの人々は一般的にあるような付き合いのあり方をほとんど望んでいないということだ。関係を持つとか、性的な関わり抜きで夫婦の関係であると言うにはいったいどのように親しく振る舞う(=いちゃつく)ことなのか、明らかにするのは難しいことかもしれないが、相手に性的な期待をしないやり方で、個人個人の必要なものや求めるものを頼りに、私たちは関係を築くことができる。

魅力、〔恋愛的に〕惹かれる(好きになる)こと(Attraction)
多くのアセクシャルの人は他人を〔恋愛的に〕好きになる気持ちを経験しているが、性的に行動に出る必要を感じてはいない。代わりに人と知り合い、もっともよいやり方であればどんなやり方であれ、その人と親しくなりたいと感じている。人を〔恋愛的に〕好きになるアセクシャルの人はしばしば特定の性別を対象とし、自身をレズビアン/ゲイ/バイ/ストレートのように自認する。

性的興奮(Arousal)
一人あるいは複数の性的関係をもつ相手を見つけたいと思うことはないにしろ、ほとんど規則的に性的興奮が起こるという人もいる。自慰をする人もいるが、対象に性的関心は持っていない。性的興奮がほとんどない、あるいは全くない人もいる。性について関心をもたないために、ほとんどの場合性的興奮が欠けることについて治すべき問題とは思っておらず、そのエネルギーはほかの種類の興奮や娯楽を楽しむことに充てられている。

注記
アセクシャルは性的興奮がなくても健康だが、少数の事例では性的興奮の欠如はより深刻な症状の兆候である可能性がある。もし性的興奮を感じない、あるいは突然性に興味を失うことがあれば、安全のため医師にかかった方がよい場合がある。)

自認(Identity)
AVENに属する人たちはそれまでの人生を通してアセクシャルであることがほとんどである。ストレートの人が予期せずゲイになることが滅多にないように、アセクシャルの人が性愛者になることも滅多にない。その逆も同じである。ごく一部には、自身の性指向を探ったり問いかけたりするしばらくの期間、自身をアセクシャルと捉える人もいる。

その人がアセクシャルか否かを決定するリトマス試験のようなものはない。アセクシャルは、他のあらゆる(その人の中心となる)性自認と同じように、自身を明らかにする助けとして使われる、ひとつの言葉である。仮に何かしらその人がアセクシャルという言葉を自己表現において役立つものとみなすのであれば、私たちはそれがそうある限り、その言葉を用いることを勧めている。


一般的なFAQ > 定義

アセクシャル
性的に人を好きになること(sexual attraction/性的魅力)を体験しない人。

デミセクシャル
感情的なつながりが築かれてからのみ、性的魅力を感じる人。

グレーアセクシャル(グレーA)、グレーセクシャル(Gray-asexual (gray-a) or gray-sexual):
無性愛と性愛の間に自身を位置づける人。たとえば、ほとんど滅多に性的魅力を感じないが、特定の状況下においてのみそれを感じる、あるいは衝動があまりに薄く無視できる程度である場合に、そのように自認する人がいる。

魅力、〔恋愛的に〕好きになること、惹かれること(Attraction):
この文脈においては、精神的あるいは感情的に人々が互いに惹かれあう力を指す。アセクシャルの人は性的魅力(性的に惹かれあう)は経験しないが、他の種類の魅力は感じるという人もいる。

美的魅力(Aesthetic attraction):
恋愛的あるいは性的にではなく、人の外見(の美しさ)による魅力、人の外見に対して惹かれること。

恋愛的魅力、〔恋愛感情的に〕好きになること(Romantic attraction):
恋愛的に他人と関わりたいという気持ち。

肉体的魅力、〔肉体的に〕好きになること(Sensual attraction):
愛情表現として相手に触れるような、性的にではなく肉体に対して誰かと接触したいという気持ち。

性的魅力(Sexual attraction):
性的欲求を共有するために、他人と性的接触をもちたいという気持ち。


以上

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中